4592 サンバイオのトレード履歴(2019/02/04-2019/02/05)

f:id:anotherinvestor:20190207014345p:plain

サンバイオ

 

取引内容

2019/02/04の夜(PTS) : 2410円で購入

2019/02/05の朝(PTS) : 2515円で売却

2019/02/05の寄り : 2450円で購入

2019/02/05の11時過ぎ : 2573円で売却

 

取引理由

アキュセラのストップ安の例を思い出し「歴史は繰り返す」と考えて取引した。

 

アキュセラのチャート+材料がすごく似ていると感じていたため、アキュセラと同様なチャートの形になるのでは?と思った。

 

そこでアキュセラのチャートを調べてみた

 

まず寄った日の5分足。

これでわかるのは、寄ってから1時間後に大きく上に上げている。つまり寄りで買えば儲かるチャンスが高い。

 

f:id:anotherinvestor:20190207015128p:plain

 

次に全体のチャート。ストップ安から寄った後2倍近くまで上昇している。1週間ほど待てば2倍近くまで上る可能性がある

 

f:id:anotherinvestor:20190207015316p:plain

 

このチャートの形は、おそらくサンバイオを寄りで買う人たちの多くが期待していたことだと思う。

 

つまり

(1)その日1日での上げ

(2)1週間後の上げ

という期待を多くの投資家が持つことになる。

 

とすると、朝の寄りで買っておけば、まず(1)が期待できる。そして(1)が外れた場合でも数日後に(2)が期待できる。2度チャンスがある。もし(1)であがれば利益確定させて、あがらなければ(2)を待つという手がつかえる。

 

勝率の高いトレードを選ぶならば(1)を狙いに行くのが正しい。大きく勝利するためには(2)を狙うのが良いと思うが、確実性でいえば(1)である。

 

以下が実際のチャートである。実際に10時に寄って、11時から上げている。そしてお昼にむけて落ちている。

 

f:id:anotherinvestor:20190207020128p:plain

「寄ってから1時間後に上がる」というストーリーを信じたので、そこだけを取引した。寄りで2450円で購入し、11時過ぎに2573円で処分。

 

ただしこの画像を見た人は「午後にさらに上がっているから薄利撤退」と思うかもしれない。けれど心がけているトレードは「大きく勝つ」ではなく「確実なトレードを繰り返す」なので、これで問題ない。2573 / 2450 = 1.05。1日で+5%確実に取れたなら、それで良しとしたい。

 

大きく勝つのは才能のある「億トレプレイヤー」がやれば良い。才能のないタイプはひたすら確実なトレードをコツコツ繰り返すしかない。(あとは頑張って手数を増やすだけ)

 

最終的にこうなった

f:id:anotherinvestor:20190307014012p:plain